So-net無料ブログ作成
検索選択

うちで常備の「たれ」 [家事・料理]

なぜか週末の料理はなるべく自分が作る、 ということになって、はや2年。 まあ、かみさんも週末くらい、楽をしたいのだろうし、 ということでいろいろやってきた。 でも、相変わらず肉などの微妙な焼き加減が 必要なモノは ハンバーグですらかみさんにはかなわず。 一方でじっくり攻めることができる煮込み料理などは いつの間にか自分の役割、になってしまった。 子供たちもお父さんのカレーはおいしいって言ってくれるのは 非常にうれしいけど。

自分が料理するときに参考にした本が かみさんが買っておいた、 これ栗原はるみという人が書いた「 ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選」 という本。

さらにこの中で一番役に立っているのが 「八方だれ」。 詳しい八方だれの作り方は上記の本に譲るとして 基本的にはしょうゆ2+さけ1+みりん1に砂糖を まぜて煮立たせておしまい。後は冷やしておくだけ。 自分が煮込み料理を作るときなどはしょっちゅう登場する。 魚の煮込みだけじゃなくて、牛・豚・鶏などの肉にも使えるのもグッド。 うちではカレーやハヤシライスを作るときにも利用している。 和風煮込みの場合はだしを投入しておしまい。ああ、なんて簡単な。 煮込み料理の場合は最終的に味付けをする前に入れて、 具に火を通している間下味を付けるのに使う。 ただし、カレーの時なんか、ルーを入れる前は完全に 「肉じゃが」と同じにおい がしますけどね。 ということは途中でカレーがないことに気づいた場合は、 そのまま肉じゃがに変更できてしまうわけですな。
ただしそのときの肉が鶏肉だったり牛肉角切りだったりすると ずいぶん変わった肉じゃがなわけですけど。


  • nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    -->

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0

    この記事のトラックバックURL:
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
    -->
    RSS RSS1.0 | RSS1.0 | RSS2.0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。