So-net無料ブログ作成
検索選択

HARD-OFFのジャンクCDの謎 [音楽]

-->

うちの近くにHARD-OFFがある。 たまにジャンクを見に行く。 ジャンクハードの値段は、まあ、ジャンクなりで あまりお買い得感はない。

ちなみに例外はBSチューナやTVチューナが欲しいとき。 VHSデッキのジャンクが1000円から3000円程度で 入手できる。ちなみにチューナブロックはメカがないので 滅多に壊れない。もっとも電源部のコンデンサが死んでいる ことがあるので一概にどうとは言えないが。

自分の目当ては主にジャンクCDである。

  • ジャンクといってもその内容は千差万別。 傷が多くてとても値を付けられないものから 過去にヒットを飛ばしたものの最近は人気がなくなってしまって 買い手が現れないものまで。 前者のものは比較的最近の人気歌手のもの。 後者はだいたい90年代にヒットを飛ばしていて、 今はなにをしているかねー、という人のものが多い。 たとえば、えーと、大黒摩季とか広瀬香美とか相川七瀬とか 平松愛理とか永井真理子とか。ZOOなんかもそうかな。 活動をやめてしまった人というわけではなく最近 あまり見かけないね、という人たちのCD。 で、HARD-OFFではこういうCDを1枚105円で 売ってくれているので、当時買う気がなかったのだけど、 自分の趣味とそんなにずれていなければさすがに105円ならいいかな、 と思って買いまくっている。

    しかし自分の趣味と合わないのは絶対買わない。 たとえば...あー、avex系はほとんど買わないなあ。

    で、ジャンクCDのなにが謎かというと、以下の点。

    1. アニソンがでてくることは滅多にない。今日 もーっと!おジャ魔女どれみの主題歌を見つけて驚いた。
    2. 中島みゆきとかサザンオールスターズなど ちゃんとファンがいて評価が固まっているアーティストのCDも でてこない。こっちも今日竹内まりやのQuiet Lifeをみつけて こっちも驚いた。
    3. クラシックも洋楽もあまりでてこない。

    きっとそれぞれファン心理というものがあって、 なかなかCDを手放すこともないということなのかな? それとも確実に売れるからジャンクに回らないということ? が、クラシックはでてきてもいいと思うのだが。というのは ちゃんとした中古レコード屋というか中古CD屋には クラシックの棚はあるのだし。というわけで クラシックCDもジャンクCDに回していただけませんでしょうか?

    ちなみに演歌がでてこないのは全然不思議に思っていない。 だって、あれ、全然売れていないじゃないですか。 少なくとも40歳未満の人間が演歌のCDを買う理由はない。 なんせ自分の人生に演歌が色を付けてくれた場面がないのだから。 あ、津軽海峡冬景色は買ってもいいな。あれを聴きながら、 真冬の青森駅。いっぺん訪ねてみたい。


    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
    共通テーマ:趣味・カルチャー
    -->

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 1

    トラックバックの受付は締め切りました
    -->
    RSS RSS1.0 | RSS1.0 | RSS2.0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。