So-net無料ブログ作成
検索選択

地デジ番組の音声をPCへ吸い上げる。 [AV機器]

-->

最近はHDDレコーダーは地デジ対応が当たり前になった。 個人的には地デジは個人的に都合のよい部分と悪い部分の両方がある。 都合のよい方は、映像、音声いずれもデジタル化されたので ノイズがほとんど入らなくなったことである。地上波でHD収録の 番組とアナログ地上波をハイビジョン対応のモニタで見比べると 一目瞭然、さすがに元には戻れない。 音声もチューナやアンテナの 都合で発生していたノイズが無くなってクリアでうれしい。

ところがうちの連れ合いはアナログ地上波の方がよいと言って きかない。なにが不満なのかというと、うちのモニタは ハイビジョン対応4:3のプログレッシブCRTなので、地デジを表示 すると縦方向に縮んでしまって、映像が小さいと言うのだ。 そんなこと言っても、アナログ地上波は左右の部分を切り落として いるのだと言っても聞かない。 ま、どうでもいいのだが二人で見る番組の場合、アナログ地上波と 地デジの両方で録画して、しかも二人別々に見ることになるから 煩わしいよなあ。

一方、 都合の悪い方は、コピーワンス信号がかけられているので、 CPRMに対応したメディアドライブとDVDプレイヤーソフトの 3拍子がそろわないとPC上で使えません。 で、なにが困るというと、せっかくデジタル伝送されダイレクト記録 された音声をPCに取り込むためにはアナログ音声端子経由でしか 方法がないということです。

というわけで今日は地デジから可能な限り高音質で 音声をPCに取り込むネタです。

  • 用意するもの

    実はDAT亡き後、外部音声をデジタル録音が可能なマシンはほとんどないのですね。iPodでもだめだし、各社のmp3プレイヤーでも軒並みだめ。 可能なのはソニーのダイレクトエンコーディング対応 Walkman WM-S70*/S60*シリーズ とPCM録音可能なHi-MD MZ-RH1 Roland R09くらいしか手頃な値段かつ妥当な音質のものはない。 というわけで、これらのうちどれかを用意します。3万円から4万円くらいかかってしまいます。

    ほかにはHDDレコーダと録音機を接続するケーブルが必要です。 通常ステレオピン端子-ステレオミニ端子のケーブルでOKです。

    録音機のバッテリがなくなると不幸な思いをしますので、 ACアダプタは必須です。

    やり方

    やり方というか、これらのマシンを持っている人にはあまり説明はいらないですよね。まず、録音したい番組をあらかじめ録画しておきます。次に HDDレコーダのLine Out端子と、MZ-RH1やR09のLine In端子をステレオピン端子-ステレオミニ端子ケーブルで接続し、適当な録音レベルで録音すればOK。やはり音質を重視するならPCMで録音可能、かつ録音レベルをマニュアルで調整できるMZ-RH1やR09を選択して欲しいです。

    録音後はマシン固有の適当な方法でPCへデータを吸い上げます。 吸い上げた後は、トラック分割できていればそのままでいいし、 できていなければAudacityやらなにやらでwavファイルを 好みの場所で分割します。分割した後はcueシートを書いておくと、 あとでCD-Rに焼くやmp3などにエンコードするときなどに重宝します。

    自分はこれらの方法で、年末の辛島美登里やら今井美樹やら 大黒真紀などのライブを録音しまくりました。ええ、なかなか いい音質で楽しめてGoodです。それではみなさんグッドラック。 ことしもよろしくお願いいたします。


    nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
    共通テーマ:趣味・カルチャー
    -->

    nice! 0

    コメント 1

    neopom

    こんにちは。
    光デジタルケーブルで、地デジを録音したことはありますか?
    by neopom (2013-02-08 06:54) 

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:

    トラックバック 1

    この記事のトラックバックURL:
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
    -->
    RSS RSS1.0 | RSS1.0 | RSS2.0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。