So-net無料ブログ作成
検索選択

Windowsのシステム入りHDDの丸ごとコピー [PC]

Windowsドライブの丸ごとコピーをどうするか

DOSの時代ですと、HDDの丸ごとコピーというのは HDDを接続してフォーマットして、すべてコピー(xcopy)で終わったわけです。 しかしWindowsの場合はそう簡単にいきません。まあ、Buffaloあたりの高価な 外付けドライブを買ったりする場合は、コピーできるソフトが付いてきたりするのですが、 そこはそこ、なるべく安価にあげたいところですので、バルクHDDを買ってきて、 フリーなソフトと努力と根性でどうにかしたいと思います。

努力と根性といえば、GAINAXリリースのトップをねらえ!ですが、 やはりあれは名作ですよ。 トップをねらえ!とトップをねらえ2!を併せて ごらんになることをおすすめします。

というわけでいろいろググりましたが、基本的にはCD/DVDからNTFSをサポートできている Linuxをブートして、オリジナルHDDデバイスからターゲットHDDに丸ごとコピーしてしまえば いいわけです。unixやLinuxでddコマンドに慣れ親しんだ方でしたらKnoppixでOKですが、 もうちょっと簡単な方法をお伝えしましょう。

用意するもの

以下のものをダウンロードします。

  1. Clonezilla & GpartEd Live CDのISOファイル。こちらからダウンロードできます。
  2. isoファイルを焼けるライティングソフト。これは人それぞれで好みのものをどうぞ。 私はnero burning romを愛用していますが、何でもかまいません。


以上。


注意事項

今回の作業はコピー元とコピー先を間違えるとデータが完全になくなってしまいますから 度胸と自信と技術と、ほんの少しの英語の能力のない方には激しくおすすめしません。 なお、失敗してもいかなる補償ができないのは言うまでもありません。

やりかた

やり方は以下の通りです。

  1. 当然、HDDはPCに接続します。今時はたいていのPCはSATAですから SATAのケーブルで接続しましょう。もちろん、古いATAでも大丈夫です。BIOSから 接続したドライブがちゃんと見えるよう、設定しましょう。
  2. まずClonezilla & GpartEd Live CDをCD-RもしくはDVD-Rに焼きます。 neroなりなんなり、ISOファイルを焼けるライティングソフトで焼いて下さい。
  3. 作成したCD-Rからブートします。
  4. メニューが出てきますからclonezillaの一番はじめの選択肢を選びます。
  5. 言語設定が出てきますので、まよわず英語を選びましょう。繁体字中国語(台湾)の方がいいという方はそっちでもよいと思いますが私には無理です。
  6. 次にclonezillaをブートするか、コマンドラインを立ち上げるか聞いてきますので、 迷わずclonezillaを立ち上げます。
  7. そしてドライブイメージ(drive to image)を作成して保存するのか、 ドライブからドライブへ直接転送(drive to drive)するのか聞いてきます。 今回はかなり危険ですがドライブに空き容量がないので ドライブ直接を選びます。ディスクに余裕のある人はイメージの方が安全でいいでしょう。
  8. 次にドライブ全体か、パーティションのみか、ローカルかリモートか聞いてきます。 自分の場合はドライブ丸ごとコピーしたかったのでLocal Drive to Local Driveにしました。 パーティションからパーティションへの転送は、一旦WindowsやGpartEdでパーティションを 作成してからでないとエラーになると思います。
  9. 次はコピー元となるドライブの選択です。ココはunix/Linux風に表示されます。 SATA#1ですとsda, SATA#2ですとsdbと表示されます。また、IDEドライブですと同様に primary IDE Masterがhda, slaveがhdb, secondary IDE Masterがhdc, Slaveがhddのはずですが、 自分はprimary IDEしか接続していないのでsecondaryの方は間違っているかもです。
  10. そしてコピー先となるドライブの選択です。前項と同様に選択して下さい。
  11. 次はオプションの選択です。すべてのオプションをクリアして問題ないと思います。 デフォルトではGRUBのみセットされていると思います。
  12. 次は転送先のドライブのチェックが2回入ります。 本当にwriteしていいかと聞いてきますので、よく確認して下さい。問題なければYを入力します。
  13. 続いてブートセクタをどうするかと聞いてきますが、ここはまあ、yesでいいと思います。
  14. とうとうコピーに入ってしまいました。もう、取り返しは付かないので、おわるまで待ちましょう。
  15. 作業が終わったら、rebootさせて、Windowsを立ち上げて、確認してみましょう。 オリジナルのドライブやパーティションよりも大きいドライブにコピーすると、容量の差の分だけ、 あいているエリアが確認できるはずです。

最後に

以上、今回はHDDを丸ごとコピーする話でした。私はこれでWindowsのシステムドライブを丸ごと 250GのSATAドライブから500GのSATAドライブへ引っ越ししました。

今回の作業はコピー元とコピー先を間違えるとデータが完全になくなってしまいますから 度胸と自信と技術と、ほんの少しの英語の能力のない方には激しくおすすめしません。 なお、失敗してもいかなる補償ができないのは言うまでもありません。

-->

前にHDDを新調してWindows XPをインストールしてからはや2年、 中身がいっぱいになってきたし、そろそろ新しい大容量HDDに引っ越しするか、 という気になりました。本日はそのやり方のネタです。

  • Windowsドライブの丸ごとコピーをどうするか

    DOSの時代ですと、HDDの丸ごとコピーというのは HDDを接続してフォーマットして、すべてコピー(xcopy)で終わったわけです。 しかしWindowsの場合はそう簡単にいきません。まあ、Buffaloあたりの高価な 外付けドライブを買ったりする場合は、コピーできるソフトが付いてきたりするのですが、 そこはそこ、なるべく安価にあげたいところですので、バルクHDDを買ってきて、 フリーなソフトと努力と根性でどうにかしたいと思います。

    努力と根性といえば、GAINAXリリースのトップをねらえ!ですが、 やはりあれは名作ですよ。 トップをねらえ!とトップをねらえ2!を併せて ごらんになることをおすすめします。

    というわけでいろいろググりましたが、基本的にはCD/DVDからNTFSをサポートできている Linuxをブートして、オリジナルHDDデバイスからターゲットHDDに丸ごとコピーしてしまえば いいわけです。unixやLinuxでddコマンドに慣れ親しんだ方でしたらKnoppixでOKですが、 もうちょっと簡単な方法をお伝えしましょう。

    用意するもの

    以下のものをダウンロードします。

    1. Clonezilla & GpartEd Live CDのISOファイル。こちらからダウンロードできます。
    2. isoファイルを焼けるライティングソフト。これは人それぞれで好みのものをどうぞ。 私はnero burning romを愛用していますが、何でもかまいません。


    以上。


    注意事項

    今回の作業はコピー元とコピー先を間違えるとデータが完全になくなってしまいますから 度胸と自信と技術と、ほんの少しの英語の能力のない方には激しくおすすめしません。 なお、失敗してもいかなる補償ができないのは言うまでもありません。

    やりかた

    やり方は以下の通りです。

    1. 当然、HDDはPCに接続します。今時はたいていのPCはSATAですから SATAのケーブルで接続しましょう。もちろん、古いATAでも大丈夫です。BIOSから 接続したドライブがちゃんと見えるよう、設定しましょう。
    2. まずClonezilla & GpartEd Live CDをCD-RもしくはDVD-Rに焼きます。 neroなりなんなり、ISOファイルを焼けるライティングソフトで焼いて下さい。
    3. 作成したCD-Rからブートします。
    4. メニューが出てきますからclonezillaの一番はじめの選択肢を選びます。
    5. 言語設定が出てきますので、まよわず英語を選びましょう。繁体字中国語(台湾)の方がいいという方はそっちでもよいと思いますが私には無理です。
    6. 次にclonezillaをブートするか、コマンドラインを立ち上げるか聞いてきますので、 迷わずclonezillaを立ち上げます。
    7. そしてドライブイメージ(drive to image)を作成して保存するのか、 ドライブからドライブへ直接転送(drive to drive)するのか聞いてきます。 今回はかなり危険ですがドライブに空き容量がないので ドライブ直接を選びます。ディスクに余裕のある人はイメージの方が安全でいいでしょう。
    8. 次にドライブ全体か、パーティションのみか、ローカルかリモートか聞いてきます。 自分の場合はドライブ丸ごとコピーしたかったのでLocal Drive to Local Driveにしました。 パーティションからパーティションへの転送は、一旦WindowsやGpartEdでパーティションを 作成してからでないとエラーになると思います。
    9. 次はコピー元となるドライブの選択です。ココはunix/Linux風に表示されます。 SATA#1ですとsda, SATA#2ですとsdbと表示されます。また、IDEドライブですと同様に primary IDE Masterがhda, slaveがhdb, secondary IDE Masterがhdc, Slaveがhddのはずですが、 自分はprimary IDEしか接続していないのでsecondaryの方は間違っているかもです。
    10. そしてコピー先となるドライブの選択です。前項と同様に選択して下さい。
    11. 次はオプションの選択です。すべてのオプションをクリアして問題ないと思います。 デフォルトではGRUBのみセットされていると思います。
    12. 次は転送先のドライブのチェックが2回入ります。 本当にwriteしていいかと聞いてきますので、よく確認して下さい。問題なければYを入力します。
    13. 続いてブートセクタをどうするかと聞いてきますが、ここはまあ、yesでいいと思います。
    14. とうとうコピーに入ってしまいました。もう、取り返しは付かないので、おわるまで待ちましょう。
    15. 作業が終わったら、rebootさせて、Windowsを立ち上げて、確認してみましょう。 オリジナルのドライブやパーティションよりも大きいドライブにコピーすると、容量の差の分だけ、 あいているエリアが確認できるはずです。

    最後に

    以上、今回はHDDを丸ごとコピーする話でした。私はこれでWindowsのシステムドライブを丸ごと 250GのSATAドライブから500GのSATAドライブへ引っ越ししました。

    今回の作業はコピー元とコピー先を間違えるとデータが完全になくなってしまいますから 度胸と自信と技術と、ほんの少しの英語の能力のない方には激しくおすすめしません。 なお、失敗してもいかなる補償ができないのは言うまでもありません。


    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
    共通テーマ:趣味・カルチャー
    -->

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:

    トラックバック 2

    この記事のトラックバックURL:
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
    -->
    RSS RSS1.0 | RSS1.0 | RSS2.0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。