So-net無料ブログ作成
検索選択

SEIKO パイロットクロノグラフ SND253 [物欲]

SND253PC-2.JPG こちらで書いたとおり、以前に購入した SEIKO 5 Automaticですが、買ってから3年を目前にして机から落として壊してしまいました。 さすがに腕時計を持っていないと困りますので、新しい腕時計を買いました。ものは右の写真の通り、 こちら、セイコーの海外輸出専用モデルのパイロットクロノグラフです。

例によってα350で撮影した写真です。レンズはミノルタ50mm/F2.8Macro, F8まで絞り1/10secで撮影しています。

SEIKO 5を落として壊したと言っても実はムーブメントは壊れておらず、 文字盤にのり付けしてある5マークなどが取れてしまったという状況なんですけどね。 ええ、本来ならば修理して使うべき所なのでしょうがなにせたかだか6000円の モデルにそれ以上かかるとわかっている修理費を払うのもどうかと。 これがもう一つ持っているTAG Heuer S/ELだと話が違うことになると思うわけです。

  • で、買うのはどのようなものにしよう?

    しばらく機械式時計ばかり買っていましたが、今回買うに当たって久しぶりにクオーツの腕時計にでもしようかと考えました。 とはいうものの、今回は単なる気まぐれです。たぶん次回は再び機械式時計を買うことでしょう。 クオーツにしましたので、ある程度の性能は勝手に保証されますし、 ここは一つ単なるデザインかつ実用性重視で行こうかと方針を定めました。 ですので条件は以下の通りとしました。

    1. ムーブメントは国産に限るが、ムーブメントがまっとうならケーシングは どこの国でも問わない
    2. 一応防水は100mくらいは考えよう。
    3. デザイン重視。文字盤のフォントがきれいなやつがいい。
    4. ブレスレットはステンレス無垢がいい
    5. ヘアライン仕上げがしてある方がいいが、無茶は言わない。
    6. 予算は1万円未満

    項目の3つ目はけっこう個人的には大事でして、実はあまり崩したフォントなどは好きでありません。 ですのでセイコーの中でもベゼルにあるフォントなどが意外と気になったりして困ったものです。 それと、わかっちゃいるんですが、最後の1行の条件がつくと実はがくっと対象が減ってしまいます。 本当はもう少しコストをかけたかったのですが、つい先月かみさんが腕時計を買っていて、それが3000円ほど しかしませんでした。ですので、いくら何でも1万円以上投入すると視線が冷たいもので、 しょうがなくこのような予算となりました。 本当ならば SEIKOのブラックモンスター(SKX779K) あたりが欲しかったのですが。 落ち着きどころとして今回のSND253PC(海外モデル)となりました。

    オーダーしたのは楽天に出店している加藤時計店。 まあ、標準的に良心的な店と言えるでしょう。Amazonで買わなかったのはひとえにブレスレットの長さ調節がこっちはただでしてもらえたため。深い意味はあまりないです。一応購入に当たりひととおりググっては見たのですが、廉価モデルですのでblog等の情報はほとんどなし。購入者のコメントを見ると「この値段には見えない」ですが...本当かなぁ。

    買ってみての感想としては、やっぱり

    1. デザインはこっちにおいておいて、これは値段相応ですって。ええ。
    2. SEIKOマーク付きムーブメントは安心感抜群!
    3. ケースは一応ステンレス無垢なのですが、ヘアライン仕上げなしなどあまりコストをかけていないし、 わかっちゃいたけど計算尺は役に立たない。
    4. ブレスレットも一応ステンレス無垢なのですが、値段相応に安い。

    まあ、海外廉価版仕様のSNDモデル買っておいて安物じゃんというのは卑怯なのであります。 がっちりしていてなおかつデザインや仕上げがきれいなブレスレットやケースが欲しければ もっとお金を出してせめてSNAモデルや日本仕様モデルを買うべきと言うのはまさに正論でありまして、 かえす言葉もございません。とはいうものの、フェースについてはトップの写真を見ればわかるとおり、 そこそこの見た目を持つわけですし、ムーブメントは国産だし、まあ、それなりにおすすめできる腕時計というべきでしょう。 ただしまちがっても数万円の時計としての価値を求めてはいけません。


    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:趣味・カルチャー
    -->

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:

    トラックバック 0

    この記事のトラックバックURL:
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
    -->
    RSS RSS1.0 | RSS1.0 | RSS2.0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。