So-net無料ブログ作成
検索選択

さらにまたしてもヘッドホンを買った [AV機器]

--> MDR-CD900ST

まさしく、またしてもタイトル通り、ヘッドホンを買いました。今回買ったのは、家の中で聞くための密閉型ヘッドホンで、その名も有名なソニーMDR-CD900STであります。

それはそうとしょっちゅう新しいヘッドホンやらイヤホンを買っているため、 会社では完全にヘッドホンヲタクと言われつつあります。 この程度ではヲタクと言えないんだけどなぁ。

今まで使っていたのはMDR-Z300という、まあ、安物です。こいつは修理を依頼すると、修理などせず本体まるごと交換になるという、たいしたパーツも使っていないものです。もちろん、モニターヘッドホンと名乗るくせして音はいいはずもなかろうという代物です。

そいつが都合の良いことにイヤーパッドがぼろぼろになってきましたので、 これ幸いとばかりにもっと良いヘッドホンを入手しようと、そういう魂胆です。 選択の基準は、まあ、いろいろあるのですが、まずは通勤用に使っている ER-4S とにた傾向の、なるべく色を付けずにかっちりなってくれるやつを選ぼう、 というわけで、結局ヨドバシカメラで一応視聴をした結果、MDR-CD900STです。

  • 音質以前にMDR-CD900STは変わったヘッドホンである

    MDR-CD900STは変わっているヘッドホンでありますが、何が変わっているかというと、まずは よく知られたことでありますが、箱が真っ白。POSレジ用のシール以外、それが MDR-CD900STの箱だと示すものが全くないわけですな。次に普通の電化製品なら ほぼ間違いなく付いている1年間の保証が全くない。箱を開けると本体と紙が1枚入っていて、 しっかり「保証はありません。すべて有償修理になります。」と書いてありますです。 ちなみに修理を依頼する場合はこちらのメイクアップ・カンパニーに依頼することになります。 さらにプロユースということで、自分で修理するのが前提であるため、パーツの供給はソニーがかっちり やってくれますし、メンテしやすい設計になっていることでしょう。パーツは成田のサウンドハウスから 通販でも入手できますし、ソニーのサービスステーションでも可能かと思います。

    さて、問題の音はいかがか

    音質はいろいろな人が書いているとおり、色を付けず入っている音は可能な限りそのまま 、いい音はいい音に、歪んだ音はかっちり歪ませて再生する、まさしくモニターであります。 最初に使ったときは音が耳に突き刺さる感じがして結構びっくり。ですので、演奏も録音も良い クラシックやライブなどは最高に良い音で聞かせてくれます。特に高音まで倍音がきれいに出ますので、 ストリングやブラスなど震える音はそれこそココロを揺さぶる感じでありますし、アコースティックな 楽器や人の声が得意ですね。オフコースのJunctionのラストを飾る"HERO"などは きれいに鳴らします。

    一方で駄目な音は駄目なまま再生しますので、しんどいものがありますし、 これは好みがあるかとは思いますが、音場は狭く、 あたかもスタジオやステージの上で聞いている感じがします。 ちなみに2chのAV板で1万円~2万円のおすすめのヘッドホンの一つです。 ただし、すでにリリースから年月がたっているため、位置づけは完全に リファレンスになっています。最近のソニー製ヘッドホンでは多少安く入手できる MDR-7506が主流かな?いずれにせよ、MDR-CD900STはスタンダードと 言ってもいいでしょう。 というわけで本日はMDR-CD900STのネタでした。


    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:趣味・カルチャー
    -->

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:

    トラックバック 0

    この記事のトラックバックURL:
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
    -->
    RSS RSS1.0 | RSS1.0 | RSS2.0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。