So-net無料ブログ作成
検索選択

Nook Simple Touchを注文した。 [Tablet]

NookSimpleTouch.PNG

2012/4/22追記: 4/21にLOS ANGELSから出荷されていますが、 今のところ、まだ日本には届いていないです。Delivery Guarantyは4/24(火)ですので、 そろそろ日本に到着しても良い頃ですが...

世間ではAmazon Kindleが日本上陸か、といわれているこの時期になって e-Inkの電子ブックリーダーが欲しくなってしまった。 あまつさえ、黒船GADGETでNook Simple Touchの新品を、送料込みで12,900円で販売していたので、 ついつい、「ぽちっとな」してしまいました。ああっ、またこんなものを... しかも、同じBarnes & Noble からは、画面照明付きの製品が来月出るというのに... でも、いいんです。ガジェットのたぐいは、欲しくなったそのときに買うのが一番

  • なんで今頃Nook Simple Touch?

    なんでと言われても、欲しかったとしか言いようがないのだけど、 主な理由は以下の通り。

    1. SDカードスロットが付いていること。Amazon Kindleが本当は一番良かったのだけど、 Kindle TouchはSDカードスロットがない。よって、涙をのんで選外とした。
    2. 本体が安いこと。ソニーのeBook Readerは ソニーストアでもWiFiモデルPRS-T1が19800円もする。 やっぱりこんな高くちゃあ、買う気にならない。Kindle touchも$139する。一方でNook Simple Touchは$99である。 もちろん、安いにはそれなりに理由があるんだけど、オーディオインターフェイスいらないし。
    3. 送料込みでも安いこと。 Nook Simple Touchは本家www.bn.comから買おうとすると、日本へは送ってはくれない。 だから、日本へ送付するためには転送屋を利用しなくてはならなくて、これがだいたい送料$45くらいに 手数料が$10くらいかかって、合計$55から$60くらいかかる。 すると本体代金$99と合わせると$160くらいで、いくら円高といっても14000円くらいになる。 ところが、今回は黒船GADGETで12,980円で買える。こりゃあ、激安だわ、

    というわけで ぽちっとな、ときたわけです。

    今は発送・到着を待ってます。当然、届いたら、root権限を奪取して、Amazon Kindle for Android、Google IME、 日本語フォントをnookアプリに入れたり、いろいろしてスペシャルな一台に仕上げる予定です。 Nook Simple Touchは、Nook Colorと同じCPUですので、Overclock Kernelがあれば、 1323MHzで駆動でき、これはかなり処理能力が上がります。しかし、e-bookリーダーには そんな速度いらないので、たぶんオーバークロックはしないと思います。

    というわけで、Nook simple touchを注文したという報告でした。


    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:趣味・カルチャー
    -->

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:

    トラックバック 0

    この記事のトラックバックURL:
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
    -->
    RSS RSS1.0 | RSS1.0 | RSS2.0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。