So-net無料ブログ作成

レガシィ用 STiフレキシブルタワーバーを買った。 [くるま]

MikuFlexibleStrut.png

スバル車には、純正チューンアップパーツを販売するSTiというブランドがある。 トヨタであればTRDだし、日産であればNISMO。マツダであればMazda Speedに該当するあれ。 で、先日ひょんなことから気がついたのだけれども、そのSTiが販売するパーツの中で、 やけに評判がよくて、しかも廉価版グレードにも取り付けられるパーツがあった。

その名前はフレキシブルタワーバーという。 上の写真のミクの右手が指している左右のストラットタワーをつないでいる 銀色の棒がそれ(クリックで写真を拡大表示します)。真ん中が黒くカバーされていて ブランドカラーのピンク色でSTiとロゴが入っている。

  • フレキシブルタワーバー、なんやねん、それ。

    フレキシブルタワーバーの効能の詳細はSTiのサイトにお任せするけれど、 詰まる話、横方向の入力はバーで支える。前後方向、上下方向の入力は、 ボディのオリジナルの構造で支える、もののようだ。 その結果、ガチガチに堅い競技用ボディではないものの、かっちりした ステアリングと乗り心地が両立するという、不思議なパーツ。 今まで、なんとなくこのカーブイヤだな、というところが気持ちよく曲がれる。 直進性は、あがった気がする。計器測定できる訳じゃないから、あくまで 気分的なもの。

    実際に付けて見て走ってみたところでは、「プラシーボ効果」かも知れないけど、 特に自分のレガシィは2.0iという車重が1400kgを割ってしまうくらい軽量なので、 回頭性はいいものの、落ち着きにかけるところを感じていたところがなくなった、 気がする。 まあ、WRCを戦うラリードライバーが、「これいいじゃん!」と言うくらいだからいいんだよ、これ、きっと、間違いなく。

    フレキシブルタワーバーはスバルのディーラーで注文すれば、純正パーツとして入手できる。 自分のレガシィは一つ前のモデルのEタイプ。であるので、 ここに 掲載されている。お値段はメーカー希望小売価格で税込み31500円ほど。 見方にもよるけど、そんなにむちゃくちゃ高価、というわけでもない。

    装着には、規定のトルクでしめることが指定されている。だから、 トルクレンチを持っていない人は、ディーラーか知り合いの整備工場で 取り付けるのがおすすめ。自分はディーラーで取り付けてもらった。工賃3150円也。

    安く買う方法

    スバルはお客様感謝デーを定期的に開催していて、 その感謝デー期間中だと、オイル交換など以外にも、STiの純正チューンアップパーツも割引になるという、 そこそこおいしいイベントである。 ちなみに、埼玉スバルは2割引といわれていますので、ヤフオクなどよりも安く買えるようです。 なので、このお客様感謝デーで注文取り付けが一番安いと思われる。 私が一番よいと思っているのは、以下のやり方。こうすればお客様感謝デーで 注文したものの、なかなか品物が入荷しないとか、 長時間待たされると言うこともないと思う。

    1. スバルに行く。正直にお客様感謝デーはいつか尋ねる。
    2. 日程が決まっていればOKだし、決まっていなかったら、 案内はがきを送ってくれるように頼む。
    3. 案内はがきが届いたら、お客様感謝デーの少し前、フレキシブルタワーバーを注文する。 このとき、お客様感謝デーの前でも割引されることを確認する。
    4. 案内が来ないといやだから、一応定期的にウェブで検索はする。
    5. お客様感謝デーの取り付けを予約する。
    6. 当日はクレジットカードで払う。ポイントが付いてウマー

    というわけで、初夏の訪れとともに、ちょっとドライブを楽しみたくなる話でした。 それでは、Good Luck!


    nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:自動車

    nice! 3

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:

    トラックバック 0

    トラックバックの受付は締め切りました
    -->

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。