So-net無料ブログ作成

いまはやりのハイレゾへ手を出した!(その1:AVアンプ購入編) [AV機器]

昨年2014年の夏のことです。突然ではありますが、 AVアンプを入れ替えたくなりました。その結果、全力でハイレゾ一直線に 向かうことになったわけですが、今回から何回かシリーズでこのネタをお届けします。

本日のサマリー

  1. スマホに入っている音源をリビングのステレオでBluetooth接続して聴きたくてAVアンプを買い換えた。
  2. そしたらPCの音源を再生できることに気がついた。再生してみるとFLACやWAVのデータを再生できるので、スマホのMP3やACC音源より音がイイじゃん
  3. 結局Bluetooth接続使ってねーし、なんてこったい!
  4. でもいいや、次回へ続く。

  • なんでAVアンプを買い換える気になったのでしょう?

    なんででしょうね? それはかなり単純で、スマホの音をリビングのステレオで出したかったのです。 というのも最近は音源はたいていスマホに入っているし、いちいちCDを入れ替えて再生するのも 面倒くさい。いっそのことBluetoothに対応したAVアンプを導入すれば、 スマホから直接再生できて楽じゃん、そうでなくてもAVアンプはそろそろ勝って から14年もたつし、値段によるけど買い換えてもイイ!じゃん、と考えたのでした。

    今まで使っていたのはソニーの STR-V555ESという、20世紀の最後にリリースされたものです。中級機の中では一番上、 買値は確か10万円弱くらいだったと思います。もちろん時代が時代ですからアナログアンプですし、 ネットワーク?Bluetoothってなにそれ?HDMIってなんですか、それ食べれるんですか?てなものです。

    ちなみにこちらのSTR-V555ESは6000円でハードオフに引き取っていただきました。 いいのか、こんな値段で....? と正直思いましたです。

    ここ15年近くSTR-V555ESを使っている間に、テレビはアナログから地デジに。 ゲームマシンはPS2からPS3を通り越してPS4に。 テレビの録画はVHSビデオからブルーレイHDDレコーダーに。 テレビとの接続はS端子、もしくはD端子からHDMI接続に。 ビデオソフトはDVDからブルーレイに。 もう、かなーり世界が変わっていたでした。まるでもお、田舎から出てきてみたら、 東京はえらいハイカラでんなあ、そのくらい。

    というわけで、AVアンプ購入を決めたわけですが

    コストパフォーマンスという視点でのみ、同じソニーのSTR-DN1040STR-DN2030 を比較検討しました。 というのもこの2台、ほぼ同じ値段で販売されてたんですね。特徴は、ちょいと古いが 上位機譲りのパーツの2030対WiFi, Bluetooth対応と切れのよい低音の1040、 という点だったのです。 ですが、ここまで記述したとおり、 私の当初の目的はスマホからBluetoothで接続して再生したい!だったのでその機能付きのDN1040を 購入したのでした。

    ちなみに、その当時、すでにDN1040の次の機種 STR-DN1050 が発表されていたのですが、HDMI端子は数が少なくなっているわ、 なんかパーツのコストダウンの気配が見えるわで敬遠しました。

    Bluetooth再生できた!

    配達されたDN1040をちょいちょいちょいとTVとブルーレイレコーダにHDMIで配線し、 有線LANにも接続しまして、音を出します。BluetoothをOnにして、 スマホからレシーバとして接続するとちゃんと音が出ました。 無線で接続するという、今までになかった方法ですが、 まあ、スマホでは普通の世界ですから特に迷うこともなく。

    ただ、音質は、いままでのCDよりはやっぱり落ちるよなあ、と正直思いました。 まあ、しかたないよなあ、圧縮音源だもんなあとひとり納得します。

    ところでAVアンプのメニューがテレビに表示されるのでリモコンでぽちぽちと表示されるので いじってみてみますと、家庭内ネットワーク上のサーバが表示されました。 その中の一つに、PS3 Media Serverと見えたのです。これは自分がPCのHDD上のビデオデータを TVで直接再生したくてDLNAサーバを立ち上げておいたものなのですが、ここで一瞬ひらめきました。

    もしかして、DLNAサーバを立ち上げれば、HDD上のWAVやFLACファイル、mp3やaccファイルが 直接再生できるんじゃね? というわけでGoogle先生に尋ねることしばし。 30分後にはfoobar2000にDLNAコンポーネントを導入してリビングのDN1040から音が出ていました。
    その感想ですが、「こっちの方が音が全然よいじゃんよ」

    その結果、Bluetooth接続はほとんど使われないことになってしまったのでした。やれどっかん。 次回に続きます。


    nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:趣味・カルチャー

    nice! 2

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0

    トラックバックの受付は締め切りました
    -->

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。