So-net無料ブログ作成
検索選択

いまはやりのハイレゾに手を出した!(その4: ウォークマン編) [AV機器]

ハイレゾシリーズも4つめ、今回はウォークマン編です。 前回ではイヤホンを買い換えました。 自宅の音源、環境がハイレゾ化してくると、外出するときも、やはりハイレゾ音源を いっしょに持ち出したくなるというのも道理というものでしょう。 というわけで、今回はウォークマン編です。 ちなみに購入したのはNW-A16 というハイレゾウォークマンの中では 一番安いモデルです。

  • そもそもウォークマンを買い換えるつもりはなかったんですが...

    そもそもイヤホンを買い換えた段階ではウォークマン本体を買い換えるつもりはありませんでした。 元々使っていたのはNW-A855 というモデル。S-Masterデジタルアンプを搭載し、2011年に発売された高音質モデルです。 このモデルでは44.1KHz/48KHz, 16ビットのみであり、高音質というものの、いわゆる96KHz 24bit FLAC データフォーマットに対応したものではありません。

    NW-A855に不満はあるか?

    このモデルを使っていて何か不満があったかというと、自宅の音源がハイレゾ化するまでは 特になかったのです。しかし高音質といえども、音楽データはAACかmp3。なぜなら 16Gバイトの内蔵メモリではロスレスWAVフォーマットではアルバム25枚程度分程度しか 入れておくことができなかったためです。まあ、HDDなみに250Gバイトくらい容量があれば 特に問題はなかったのでしょうが、さすがにシリコンメモリでそれは無理ですね。

    さて、自宅の音源はハイレゾ化しましたが、同時に自宅音源のデータフォーマットは、CDイメージから FLACに変換しておくようになりました。こうなると最大で1/3、悪く見積もっても30%程度は データ容量を圧縮することが可能になりました。すると32Gメモリでもだいたい100枚近いアルバムを 入れておくことができます。しかし、このNW-A855はロスレスフォーマットはWAVにしか対応していません。 先の通り、メモリが16Gですと入れられる曲数が少なくなってしまいます。

    最後に、元の音源がCDなので、あまり気にはならないのですが、96KHz, 24bitといったハイレゾデータには 対応していない。可能ならば変換なしに、自宅のオリジナルデータをそのまま入れた方が楽だし 音質はよくなる。でもそれができない。

    つまるところ、NW-A855の不満点というのは、

    1. メモリが16Gで足りない。Bad!
    2. ロスレスフォーマットがWAVにしか対応していない。Bad!
    3. ハイレゾに対応していない。BAD!

    この3点というわけでした。

    で、NW-A10シリーズはどうよ?

    とりあえず、上記の不満点はどうなったかというと、

    1. メモリは本体32G/64G、SDカードで最大128Gの合計最大196Gまで拡張可能。Good!
    2. ロスレスフォーマットはWAVだけでなくFLACに対応した。Good!
    3. ハイレゾデータは192KHz 24bit音源が再生可能になった。Good!

    と、すべて解決していたわけです。さらに

    1. Bluetoothに対応しているので、家のAVアンプで直接再生できるようになっていた。 Good!
    2. 前モデルのNW-F860シリーズと比べて、連続再生可能時間が35時間から50時間に伸びた。 Good!

    なにげに機能強化でありますね。

    でも欠点があるんでしょ?

    もちろんありますとも。 自分の見たところ、一番の欠点は、PCと接続したときに本体メモリとSDカードが同時に見ることができない この一点だと思います。本体メモリとSDカードの内容を同時に確認したい場合は、

    1. 本体からSDカードを抜く。
    2. SDカードをPCのSDカードリーダーに挿入する
    3. Media Goで内容確認、データ転送
    4. 再びSDカードを本体スロットに入れる

    としなくてはならないわけで、これは面倒くさい。 ぜひ、一発でアクセスできるようにして欲しいものです。


    nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:趣味・カルチャー
    -->

    nice! 1

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0

    この記事のトラックバックURL:
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
    -->
    RSS RSS1.0 | RSS1.0 | RSS2.0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。